防水塗装

実は防水処理が必要なのは、外壁や屋根だけではありません。
ベランダ・屋上・外階段・外廊下など…様々な場所に施されるのが防水塗装。

どんな建物にも必ず必要な工事で、万が一行わなければ、建物の耐久性は途端に低下します。
剥き出しになったコンクリートが中性化することで、ひび割れや空洞化が進み、そこから雨水が浸水。
いずれは雨漏りを引き起こすため、以下のような症状があれば、直ぐに当社までご相談ください。

 

屋上やベランダにこのような症状はありませんか?

□ 床の塗膜に、剥がれ・膨れ・浮きがある
□ 変色・色落ち・汚れが目立っている
□ トップコートの摩耗(ウレタン防水・FRP防水)

雨や紫外線、熱の影響により、防水塗装の表面は劣化していきます。
塗料本来の機能が低下することで、以上のような症状が起こるため、見つけた場合は塗り替えを行いましょう。

また、屋上やベランダに水たまりができやすい場所があれば、注意してください。
防水機能が低下した状態でベランダに水が溜まると、浸水する可能性が上がり、雨漏りの原因になってしまいます。

 

防水塗装の種類

FRP防水
軽量で強靭、耐水性、耐久性に優れていることから、近年急速にシェアを伸ばしている塗膜防水工法。
乾燥するのも早いため、比較的短工期での施工が可能です。

ウレタン防水
FRP防水と比較すると劣化が早いものの、費用が安いため日本で最も高いシェアを誇っています。
軽量で弾力性、耐候性があり、つなぎ目のないシームレスな床面に仕上がります。

一覧ページに戻る