屋根塗装

屋根を塗り替えるタイミングは、外壁同様10年前後がベスト。
普段から中々目にする機会のない場所ですので、定期的にチェックを行うか、業者に依頼して状態を確認してもらいましょう。

 

放っておくと危険!屋根の危険度チェック

□ 屋根が変色している 【危険度☆】
雨や直射日光にさらされることで、次第に変色や色あせを引き起こします。
この段階ではまだまだ防水効果は機能していますが、見た目が気になるようであれば塗り替えを考えてもいいでしょう。

□ 屋根の塗料が剥がれている 【危険度☆☆】
屋根の塗料が剥がれはじめたら、そろそろ防水効果が低下してきている証拠。
これ以上症状が進行する前に、そろそろ塗り替えをお考えください。

□ コケやカビが生えている 【危険度☆☆☆】
屋根材が黄色く変色している現象は、コケやカビが原因です。
劣化した塗膜を餌にどんどん繁殖していき、防水性を損ねてしまいます。
屋根材自体を傷めかねませんので、早急に塗り替えましょう。

□ 屋根にひび割れがある 【危険度☆☆☆☆】
屋根にひび割れが起きてしまうと、防水上の問題が大きくなります。
いつ雨漏りを引き起こしてもおかしくないため、一刻も早く補修の上、屋根塗装をする必要があります。


屋根は高い所にあるため、ご自身では中々確認できない場合もあるのではないでしょうか?
そんな時は、外壁の状態を参考にすることをオススメします。

屋根は外壁よりも過酷な環境下にあるため、外壁に気になる症状があれば、屋根にも同様の症状が起きている可能性大!
まずは外壁のチェックを行い、外壁塗装と屋根塗装を同時に行ってもいいかと思います。

一覧ページに戻る