外壁塗装

外壁を塗り替えるタイミングは、およそ10年前後がベスト。
立地環境や使用する塗料にもよりますが、大体この頃から色あせが起きたり、チョーキング現象(塗料が劣化して白い粉を吹く状態)が見られるようになります。

「そろそろかな?」と思ったら、ご自身でセルフチェックを行ってみましょう。

 

放っておくと危険!外壁の危険度チェック

□ ツヤがなくなってきた 【危険度☆】
雨や直射日光にさらされる続けると、塗膜の発色やツヤが失われていきます。
この段階では、まだまだ防水性が機能している状態ですが、見た目が気になるようであれば、塗り替えの計画を立て始めてもいいでしょう。

□ 汚れが目立つ、色あせている 【危険度☆☆】
汚れや色あせが目立つ状態は、塗膜のコーティングが切れる一歩手前のサイン。
あわてて塗り替える必要はありませんが、このあたりで塗り替えを行うことが賢明と言えます。

□ 壁を手で触ると白い粉がつく 【危険度☆☆☆】
チョーキング現象と言われるこの症状は、塗膜が紫外線によって分解されることで引き起こします。
こうなってくると外壁塗装としての機能性はもうない状態です。
これ以上の劣化は建物自体に悪影響を及ぼすため、早急に塗り替えをしましょう。

□ ひび割れや塗膜の剥がれが見られる 【危険度☆☆☆☆】
ひび割れが見られる場合、塗り替えのタイミングはすでに過ぎています。
外壁を保護していた塗膜が失われ、建物が無防備な状態に。
このまま放置してしまうと、雨漏りを引き起こしたり、建物の強度がみるみる内に失われるため、すぐに工事をご依頼ください。


外壁塗装は、職人の技術によって仕上がりに大きな差が生まれる、繊細な作業です。
もしも下地処理が不十分だと、いくら品質の高い塗料を使っても長持ちさせることができません。

そのため、当社では高耐久で美しい仕上がりの塗装をお届けできるよう、下地処理から丁寧な施工を心がけています。

安心・納得の塗装工事をお考えなら、米原市の当社にお任せください!

一覧ページに戻る